爪水虫(爪白癬)とは

爪水虫(白癬菌)とは

爪白癬とは、爪に「白癬菌」という水虫のカビ菌が感染して起こる病気とのことを言います。白癬菌は基本的には足の親指の爪に感染するといわれています。

 

 

白癬菌とは、いわゆる水虫の原因菌。白癬菌が足にいれば足白癬(水虫)で、爪の中に侵入すると爪白癬。この爪白癬は立派な感染症の一種で、爪の病気の中で多く見られます。

 

 

 

爪の角質という部分に寄生し、皮膚の表面だけでなく、爪にも感染し、爪のケラチン蛋白で育っていくそうです。はじめは爪先や横から白くなっていきます。

 

 

 

爪水虫は、痛みやかゆみなどの自覚症状がほとんどありません。しかし爪の中では生きた白癬菌が活発に繁殖している真っ最中なのです。そのため放っておくと、爪が厚くなったり、色が濁ったり、変形するといった症状が着実に進行します。

 

 

やがて靴が履きづらくなったり、歩行困難になったり、厚くなった爪に押されて指が痛くなります。また、周りの人に感染させてしまう可能性も日増しに高くなっていくのです。

 

 

 

また、爪がボロボロと崩れたところから、他の菌が入り込んでしまい、2次感染を起こす可能性も出てきます。この菌が手に飛び火する可能性もあり運悪く手の爪に白癬菌が感染したのを放置しておくと、細かい手作業が難しくなる可能性もあります。

 

 

 

このように爪水虫は、一度感染すると完治するのに厄介な病気です。しかも、その白癬菌は足にも頭のも体のいたるところに住み好きます。

 

 

 

 

先ほど書いたように爪以外、例えば足に住みつけば普通の水虫ですので爪以外に感染すれば当然、痒くて痒くて仕方がない状況になります。体中に移り住み、家族にも感染する可能性があるという大変困った菌なのです。

 

 

 

 

【注目】これが爪水虫の初期画像!本当にきれいに完治するの??

関連ページ

水虫菌(白癬菌)が全身に転移
水虫菌(白癬菌)が全身に転移可能性があるので私が使っているボディーソープの紹介です。